経営を放棄する経営者たち


 経営を放棄する中小企業経営者が増えている。

 (以下、経営者=中小企業経営者とします。)

 自分は経営をしている、そう錯覚しているようですが、
 経営者が経営を放棄している。

 経営を放棄して、経営を外部コンサルタントや
 外部の委託業者に経営を委託してしまっている。

 その最たるものがチェーン店(コンビニ等)ではないでしょうか?

 御自身が経営をしていない、
 だからスタッフ(従業員)も付いてこない、
 いゃ、付いてくるのは、その経営者、その仕事にではなく、
 その上の実質経営している組織や人、お金によって、
 かろうじて首の皮一枚で繋がっている状況が多いようです。

 「プレイング・マネージャー」という言葉は、
 そういった経営を放棄する経営者が都合よく使う言葉、
 実質的には、経営者では無くなっている。

 この頃気になるのは、歯科業界。

 クリニック名こそ違いはあれど、何だかんだで
 流行りのクリニック、お金をかけているクリニックは、
 横並び的に同じようなサービス、同じような広告、
 同じような謳い文句を繰り広げている。

 そしてその歯科業界を支える外部の委託業者の多さと流行り具合。

 「所有と経営の分離」という言葉がありますが、
 歯科業界(敷衍して医科業かもそうか・・・?)は、
 所有=ドクター、経営=外部委託者、となっている。

 経営しているフリの所有者が、羊の群れの如く、
 右向け右、左向け左、といった具合に
 外部委託者の声にのみ耳を傾け、盲信してしまっているが故に、
 そこで働くスタッフが犠牲になっているケースも多い。

 所有者に目を覚まして欲しい、
 それは外部委託者に都合の良い仕組み・制度であり、
 御社(貴院)にとっては幻想でしかないことが多々あります。

 それに気付いた所有者が経営者に回帰していったところから、
 企業は再生していくのではないでしょうか?


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック